カスタイニョス:「アンリ2世じゃない」

自分らしさで新天地での活躍を誓う
インテルの新戦力であるFWルク・カスタイニョスは、セリエAで名を成すことを目指しながらも、自身は「ティエリ・アンリ2世」ではないと話した。

このFWはそのプレースタイルから、アンリと比較されることはしばしばだ。しかし本人は、これがあまり好きではないらしい。

「僕がアンリみたいだって? たくさんの人がそう言うけど、僕はカスタイニョスであり、彼はアンリだ」と、クラブ公式サイトで話した。

2010-11シーズンにフェイエノールトで15得点を記録したこの18歳は、インテルへの移籍を喜び、さらなるゴールを決めることを約束した。

「インテルのような偉大なクラブのためにプレーする喜びを、どんな言葉で表現したらいいのか分からない。得点するのは簡単だと思うし、素晴らしいチームでプレーしたならもっと簡単になるだろうね」