ヴチニッチ代理人:「デリケートな状況」

ユーヴェ移籍、ローマ残留、それとも国外へ?
ローマFWミルコ・ヴチニッチの代理人を務めるアレッサンドロ・ルッチ氏が、同選手の将来をめぐる状況は「とてもデリケート」だと語った。今夏の去就が注目されているヴチニッチだが、ルッチ代理人はどのクラブとも合意はないと話している。

ユヴェントスが獲得に強い関心を抱いている一方で、国外からもブラックバーンからの関心が報じられているヴチニッチ。だが、ローマは残留の可能性も模索しており、去就は不透明な状況だ。ルッチ代理人はイタリア『ラジオ・キス・キス』のインタビューで、次のように語った。

「代理人はいつだってそのときそのときの状況をうまく利用する、誰もがそう思っている。だけど、今回は違うんだ。今のところ、どのクラブともまったく合意には達していない。ミルコの状況はとてもデリケートで、彼がバカンスから戻ってきたら話し合うつもりだよ。移籍するか、ローマに残留するか、近いうちに最終決断を下すさ」