ニュース ライブスコア

ローマもオスバルド獲得レースに参戦?

エスパニョールFWパブロ・オスバルドには、インテルやユヴェントス、トッテナム、アトレティコ・マドリーなどが関心を寄せていると言われているが、ローマも同選手獲得レースに参戦するようだ。

オスバルドの代理人を務めるダリオ・デコウド氏は先日、「すでに2クラブと交渉を行っている」と明かした。さらに、デコウド氏によれば、「同選手獲得にかかる移籍金は1600万ユーロ前後になるだろう」と推測されている。

ローマは、2010-11シーズンにバルセロナBで指揮を執ったルイス・エンリケ監督の新指揮官就任が正式決定している。それに伴い、現役引退したばかりのエスパニョールMFイバン・デ・ラ・ペーニャのスタッフ招へいも決まっている。そこで、エスパニョール時代、ともにプレーしたオスバルドを連れて行くことを画策しているようだ。

エスパニョールはオスバルド獲得の移籍金を、2000万ユーロに設定している。すでにアトレティコの1700万ユーロのオファーを断ったとも伝えられるが、代理人の言葉によれば移籍金の引き下げは可能なようだが...。オスバルド獲得に、移籍金のうえで駆け引きが行われていると見られている。