インテル、ガスペリーニと接触も…

モラッティ会長は「打診を始めただけ」
新監督探しを続けているインテルのマッシモ・モラッティ会長が、元ジェノアのジャンピエロ・ガスペリーニ氏とコンタクトを取ったことを明らかにした。ただし、同会長は、あくまでも「打診を始めただけ」でしかないと話している。

インテルは21日、モラッティ会長がマルコ・ブランカTD(テクニカルディレクター)、ピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)と会議を行った。監督問題ではなく、マーケットに関する会議だったとのことだが、次期指揮官についても何らかの話はしているだろう。

会議終了後、モラッティ会長が報道陣にコメント。トルコ代表のフース・ヒディンク監督や、フランス代表のローラン・ブラン監督など、ほかの指揮官たちについても言及している。

「ブランカやアウジリオとはマーケットについて話した。監督のことは、来週中には決まると思う。ヒディンク? 彼が有力候補ということはない。(トルコ代表監督であるため)ほかの人への敬意を欠くだろう。ブラン? 彼はフランス代表で良い経験を積んでおり、それを続けたいと願っている」

「ガスペリーニ? 連絡はあった。だが、打診を始めたというだけだ。(シニシャ・)ミハイロビッチとガスペリーニの一騎打ち? いや、私は違う感触を抱いている」

一方で、モラッティ会長は同日午後、会議の前に、次のようなコメントを残していた。

「ガスペリーニ? いやいや…とにかく、今日は決まらないよ。(ファビオ・)カペッロ? イングランドサッカー協会は彼の放出を認めていない。監督はイタリア人になるのか? 様子を見よう」

なお、当のガスペリーニ氏はこの日、イタリア『ANSA通信』に対し、「今日は話さない。だが、数日後には何か言うだろう。数日後に連絡してくれれば、喜んで聞くよ」とコメントしている。