ニュース ライブスコア

エトー残留を強調するインテル

インテルに所属するカメルーン代表FWサミュエル・エトーは先日、イングランド移籍をほのめかすコメントを残した。しかし、インテルのマッシモ・モラッティ会長は、エースの残留を確信している。

2010-11シーズンにチームの得点源となったエトーがいなくなれば、インテルにとっては大打撃。ファンはエースの残留を望んでいる。エトーの発言に問われたモラッティ会長は17日、報道陣に対して次のように話した。

「ファンの皆さんには落ち着いてもらいたい。心配することは何もないよ」

スペイン、イタリアで活躍できることを証明したエトーは、イングランドでも自身の力を示したいと話していた。インテルとの契約は2014年まで残っているが、移籍の可能性はあるのだろうか。