メクセス:「夢が叶った」

ミランでのプレーは幼い頃からの夢だったと明かす
ミランに加入することが決定したフランス代表DFフィリップ・メクセスは、ミラン移籍についてヨーロッパ屈指の名門のユニフォームを着るという夢が叶ったと話している。同選手にとって、ミランでのプレーは幼い頃からの夢だったようだ。

イタリア『Agi.it』によると、メクセスは「ミランのカラーを着ることを誇りに思っている」と語った。

「すべてのプレーヤーにとって夢の実現だよ。チームメートやコーチングスタッフのことを理解しなければいけない。それに、ケガからも復帰しないとね。でも満足している」

「子供の頃に、どこでプレーしたいかと聞かれたら、いつもミランと答えていた」

「子供の頃の夢が叶った。ミランには世界で最高の実績がある。それに貢献したいね」