ムスレラ、ラツィオとは契約延長せず

1月にも新天地へ?
ラツィオに所属するウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラが、同クラブとの契約を延長することはないようだ。同選手の代理人を務めるダニエル・フォンセカ氏は、2012年1月にもラツィオを離れる可能性があると明らかにした。

「何が起こったとしても、フェルナンドがラツィオとの新契約にサインすることはない。今から私はもう、彼はラツィオのGKではないと考えるよ」とフォンセカ氏は、イタリア『Lalaziosiamonoi.it』に語った。

「契約延長交渉は進んでいた。しかし、誰かが彼との約束を守っていない。その誰かは、私ではない」

「私と(クラウディオ・ロティート)会長の関係は複雑だった。そしてムスレラとラツィオの関係も同じだ」

「少なくとも、彼を望む20チームからの話がある。だから我々にとって、問題にはならない。フェルナンドは、契約を全うし、1月に別のクラブと契約するだろう」