ニュース ライブスコア

完全移籍合意を待つアクイラーニ代理人

イタリア代表MFアルベルト・アクイラーニの代理人は、彼のクライアントはセリエAにとどまることを望んでいると述べ、リヴァプールとユヴェントスが完全移籍で合意に達することを望んでいる。

「クラブがいつこの件に対処するかは分からない」と代理人は、イタリア『Calciomercato.it』に語った。

「状況の進展を待っているし、両者が合意に達することを望んでいる」

「アルベルトに関しては、常にはっきりさせてきた。イタリアに残ることを望んでおり、取引がまとまるかどうかを待っている。大きなボーナスになるだろうね」

なお報道によると、ユヴェントスは買い取りオプションを行使するかどうか、5月15日までに決断しなければいけないようだ。