トッティ:「バッジョを超えたことは誇り」

CL出場権獲得を諦めないローマ主将
ローマFWフランチェスコ・トッティは、1日のバーリ戦で2得点を挙げ、セリエAでの通算得点を「206」に伸ばした。元イタリア代表のロベルト・バッジョ氏の記録を上回り、トッティは試合後、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、喜びをあらわにしている。

「素晴らしい記録だ。バッジョを超えることができたのは、誇らしいことだね。ローマのキングは決して死なないんだ」

ローマはこの勝利で、2日に試合を控える4位ラツィオとの勝ち点差を暫定で1に縮めている。チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すトッティは、最後まで欧州最高峰の舞台への切符を諦めないと強調した。

「オレたちは9人になりながらも逆転した。素晴らしいことだ。これでラツィオにプレッシャーをかけられたね。とにかく、オレたちは最後まで争っていくよ」