ニュース ライブスコア

メネス代理人、アーセナルとの接触否定

ローマMFジェレミー・メネスの代理人であるアラン・ミリアッチョ氏が、イタリア『チェントロ・スオーノ・スポルト』の中で、アーセナルが同選手の獲得に動いているとの見方を否定した。

メネスは先日、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が就任してから出場機会が減ったとして、シーズン後に移籍する可能性もあることをほのめかしている。ミリアッチョ氏も選手と指揮官の間に問題があることを認めた。だが、メネスの希望はローマ残留だとの見解を示している。

「ジェレミーの契約は1年後に終わる。延長の申し出はない。アーセナルに行く可能性? (アーセン・)ヴェンゲル監督のことは知っているが、彼に対する関心については何も言われていない。アーセナルは獲得に動いていないよ。ほかのクラブも同じだ」

「メネスはローマに残りたいと思っている。出て行くつもりはないんだ。モンテッラとは問題がある。あまり試合に出られていないからね。(クラウディオ・)ラニエリ前監督は彼にかなり期待していた。だが、新監督は違う。これがちょっと影響しているんだ」

「とにかく、彼はローマでうまくやっている。その上で、今後はクラブの決定次第だろう」