ミラン、来季にP・レオン狙う

完全移籍移行を視野にレンタル獲得
ミランは来季、レアル・マドリーMFペドロ・レオンをレンタルで獲得することを狙っているという。

『Milannews.it』は、ミランが中盤の強化を狙っており、すでに獲得の可否にすいてマドリーに打診したとしている。

レオンはジョゼ・モウリーニョ監督との関係が悪化している。ミランはそこに目をつけたというわけだ。結果として、来季終了後の完全移籍を視野に、レンタル移籍は可能だろうと信じるようになったようだ。

両クラブは良好な関係を築いており、特にペレス会長とガッリアーニ副会長の間の強い絆は、この取引にうまく働くことになるだろう。

レオンにはマンチェスター・シティも今冬の移籍最終日まで興味を示していたと言われている。