長友:「できるだけ早くプレーしたい」

3日バーリ戦でのデビューに期待
インテルへ移籍した日本代表DF長友佑都が、2日にチームとの初練習に参加した。チームは3日、セリエA第23節でバーリと対戦するが、長友も敵地への遠征に招集されている。

肩の脱臼からの復帰が注目されたDFイバン・コルドバは、招集メンバーから外れた。このため、DFクリスティアン・キヴが中央へポジションを移し、長友が左サイドで先発出場する可能性もある。ただし、MFエステバン・カンビアッソやMFヴェスレイ・スナイデルらも負傷から復帰して招集されており、中盤の構成次第では、MFハビエル・サネッティが左サイドバックを務めることもあり得る。

一方、長友はクラブの公式チャンネルのインタビューで、改めて移籍への喜びを語るとともに、少しでも早くプレーしたいと意気込みをあらわにした。

「ここにいるのは、僕にとって誇らしいことだ。チームメートたちはとても親切にしてくれている。できるだけ早くプレーして、チームのために重要なことをやりたい。この偉大なクラブに自分がふさわしいことを示すために全力を尽くす」

また、長友は「1対1とスピードが長所」と述べ、背番号については、「ずっと5番を使ってきたけど、ここではデヤン・スタンコビッチがすでに使っていたから、もう一つ足してもらって55番にした」と話している。