インテル、パッツィーニ獲得に光?

サンプ会長も扉を閉ざさず
FWディエゴ・ミリートに負傷が少なくないことを受け、ストライカーの獲得を目指しているインテル。セビージャFWルイス・ファビアーノやカリアリFWアレッサンドロ・マトリといった選手の名前が候補に挙がっている一方で、注目されるのがサンプドリアFWジャンパオロ・パッツィーニへの関心だ。

サンプドリアのリッカルド・ガッローネ会長は26日、「パッツィーニのインテル移籍? まだマーケットが終わるまで4、5日ある。どうなるかを見てみよう。今のところは、これ以上言いたくない」とコメント。移籍への扉が閉ざされていないことをほのめかしている。

イタリア『スカイ・スポーツ』によると、インテルはサンプドリアに対し、600万ユーロにFWジョナタン・ビアビアニーを加えたオファーを提示している模様。だが、サンプは1200万ユーロを求めているとのことで、両者には600万ユーロの開きがあるという。

インテルがMFコウチーニョやDFダヴィデ・サントンなど、別の若手を代替選手に織り込む可能性もあると言われているが…?