ボヌッチ:「ずっとユーヴェを応援していた」

以前よりユヴェンティーノだったと明かす
ユヴェントスDFレオナルド・ボヌッチは、以前より同クラブを応援していたと明らかにした。ボヌッチは、ユヴェントスが1998年にチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出し、レアル・マドリーに敗れたときには、涙を抑えることができなかったという。

過去にインテルに所属していたボヌッチだが、『Juventusmember.com』でファンからの質問に次のように答えている。

「(プレドラグ・)ミヤトビッチが決勝でゴールを決めたときの涙を覚えている」

「僕はずっとユヴェンティーノだった。インテルにはプレーヤーとしていただけだった」