インテル、フェイエの新星FW確保へ

カステニョス代理人:「交渉はまとまるところ」
インテルがフェイエノールトに所属する若手FWルク・カステニョス(18)の獲得に迫っているようだ。以前から将来的な同選手の獲得が報じられてきたインテルだが、オランダ『AD』の中で、選手本人が次のようにインテルからの関心へ喜びを表している。

「インテルからの関心があることは否定できない。本当に誇りに思う。ただ、僕はまだフェイエノールトでプレーしており、そのことについてあまり考えていてはいけないけどね。インテルのターゲットになっていることは、もちろん夢のようだ。誰だってインテルに向かうことを夢みるし、僕も同じだよ」

「16歳のとき、プレミアリーグのビッグクラブへ移籍する話があった。でも、僕は断ったんだ。まだ準備ができていないと感じたんだよ。イタリアやイングランド、ドイツのサッカーは、僕の特徴により近いものだと思う。ただ、まだまだ改善しなければいけないけどね」

カステニョスの代理人も「交渉はまとまるところだ。すぐに解決するだろう。我々の話し相手はインテルだけだ。彼らはルクに対する大きな関心を示したからね」と述べており、インテル加入が迫っていることを認めている。なお、インテルは400万ユーロほどの移籍金を支払うと見られている。