マケダのサンプドリア移籍が決定

今季終了までのレンタルで
マンチェスター・ユナイテッドFWフェデリコ・マケダが、サンプドリアに半年間レンタル移籍することが決まった。

マケダはアレックス・ファーガソン監督に、自身の成長を止めないためにより多くの出場時間が必要だということを納得させることに成功した。サー・アレックスは国内のクラブから多くのオファーを受けていたが、本人の意向をのんで母国イタリアのクラブに移籍させることを決めた。

「マケダがサンプドリアを選んでくれたことに満足している。ファンにとっても良いニュースとなっただろう」とサンプドリアのガッローネ会長は語った。「マケダはカッサーノが抜けた穴を容易に埋めてくれる。間違いなく良いプレーを見せてくれるはずだからね。今、クラブを包む熱狂は10倍に膨れ上がった」。

サンプドリアはアントニオ・カッサーノの退団後にFWを探していた。今後マケダはジャンパオロ・パッツィーニの相方として攻撃陣を形成することになる。