ニュース ライブスコア

イブラ、キャリアの最後はアメリカで?

ミランFWズラタン・イブラヒモビッチは、アメリカで自身のフットボールキャリアを終えたいと明らかにした。

イブラヒモビッチは、ミランがヨーロッパの最後のクラブになると考えているようだ。ただ同選手はその後、アメリカに行きMLSでキャリアを終えることを望んでいる模様だ。

「1、2年良い場所でプレーしたいね。それから引退だ」とイブラヒモビッチは、オランダ『フットボール・インターナショナル』に語った。

「今の契約がヨーロッパのクラブとの最後の契約になるだろう。ミランとの契約を全うした後は、アメリカで1、2年プレーしたい」

イブラヒモビッチはまた、将来的に指揮官になる可能性を否定しているが、多くのプレーヤーたちと同じように心変わりがあるかもしれないと認めている。

「今はそのつもりはない。でもこれまで多くのプレーヤーも同じことを言っていた」

「フットボールは常にオレに訴えてくる。ただほかにも引きつけられる多くのものがある」

イブラヒモビッチのミランとの契約は、2014年までとなっている。