メネス:「もっとゴールを決めて代表へ」

現時点でのPSG移籍は否定
ローマMFジェレミー・メネスがフランス『パリジャン』のインタビューで、現在の状況に対する満足感を示すとともに、現時点でフランス復帰の可能性はないだろうとの見解を示した。

「すべての試合に出て、アシストを決めてきた。次はゴールをもっと挙げなければいけない。自分の力をより発揮するために、僕は信頼を感じる必要があったけど、今はそれが得られている。だからこそ、より良いプレーができているんだ」

「僕はより高いところを目指しており、今はローマでうまくいっている。移籍? PSGは僕のハートのクラブだけど、今の時点で移籍はないと思う」

また、メネスはローラン・ブラン監督率いるフランス代表入りを目指しており、次のようにメッセージを送っている。

「自分のミスを取り戻せることを彼(ブラン監督)に示そうとしてきた。自慢はしたくないけど、イタリアではよく見てもらっている。ピッチがそれを示しているし、ブラジル戦(2月の国際親善試合)に招集されることを願っているよ」