パロスキがジェノア、パッラディーノがパルマへ

ジェノアとパルマが大型トレード
イタリアの複数メディアによると、ジェノアとパルマの間で複数選手の大型トレードが内定したようだ。

パルマからはFWアルベルト・パロスキとDFルカ・アントネッリがジェノアへ移籍。パロスキはジェノアとミランの共同保有に、アントネッリはジェノアへの完全移籍となる。パルマはほかにもAZのイタリア人FWグラツィアーノ・ペッレへの関心が噂される。

一方、ジェノアからはFWラッファエレ・パッラディーノとDFフランチェスコ・モデストがパルマへ。パッラディーノはパルマとユヴェントスの共同保有に、モデストはパルマへの完全移籍となる。さらに、ジェノアはパルマに750万ユーロの“差額”を支払うようだ。

正式発表はマーケットが再開する1月3日になる見込み。だが、各選手はそれぞれ年末の冬季キャンプから新天地での練習に参加することが認められているそうだ。

第17節を終え、ジェノアは勝ち点21の11位、パルマは同19の16位。ただし、ジェノアはサンプドリアとのダービーマッチが悪天候で延期となり、消化が1試合少ない。