サネッティ:「スナイデルがトップ3から外れたら…」

バロンドール争いにふさわしいはずと主張
イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は5日、インテルMFヴェスレイ・スナイデルが今年のバロンドール候補トップ3から落選すると報じた。インテルのキャプテンを務めるMFハビエル・サネッティは同日、『ガゼッタ』電子版の中で、スナイデルがトップ3に入らなければ落胆だと話している。

「ヴェスレイはファンタスティックな選手だ。昨シーズン、僕らが3冠を達成できたのは、彼のおかげでもあるんだよ。彼がトップ3に入らなかったら、本当にがっかりだ」

一方で、インテルには朗報も届いた。10月29日のジェノア戦で肉離れを負い、以降は欠場が続いていたGKジュリオ・セーザルが、5日に練習へと復帰したのだ。ラファエル・ベニテス監督は同選手をクラブ・ワールドカップで起用できることを期待している。

また、5日の練習ではDFルシオが風邪のために欠席。インテルは7日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節でブレーメンと対戦し、グループ首位の座を目指すことになるが、ルシオや筋肉を痛めているDFマルコ・マテラッツィが欠場となると、センターバックがDFイバン・コルドバのみという緊急事態に陥ることとなる。