ムンタリ、移籍希望発言を否定

「そんなコメントは残していない」
インテルMFサリー・ムンタリは3日のユヴェントス戦で、スタンド観戦を命じられたことに腹を立てて帰宅し、以降移籍の可能性が取りざたされている。

プレミアリーグやブンデスリーガからの関心が報じられる中、先日にはイギリス『スカイ・スポーツ』が、ムンタリが「自分の居場所はスタンドじゃなくてピッチだ」と語ったと報道。移籍も辞さない構えだと伝えている。これにより、ムンタリの1月移籍は避けられないだろうとの声が強まった。

ところが、ムンタリは7日、クラブの公式サイト上で、「僕はインタビューなど受けていないし、この数日はどんなコメントも残していない」と、『スカイ・スポーツ』にコメントを残していないと訴えた。

ただし、いずれにしても、インテルにおけるムンタリの状況が簡単ではないことは確かと見られているようだ。