インテル会長、カカー獲得を否定

「交渉したことはない」
一部のイタリアメディアによると、インテルはライバルのミランとともに、レアル・マドリーMFカカーの獲得を目指していると言われる。だが、インテルのモラッティ会長は7日、「我々はカカー(獲得)の交渉などしたことないよ」と、報道を完全否定した。

一方で、モラッティ会長は今季のこれまでの戦いについて、もっと多くの勝ち点を期待していたと述べ、よりゴールを決めなければいけないとの見解を示している。

「もちろん、我々はもっと多くを期待していた。特に敵地でのローマ戦ではね。ただ、ミラノでの試合(ユヴェントス戦)でもそうだろう。勝ち点という意味でね。ただ、これらの試合は2つとも面白かった。ユーヴェ戦では良いプレーをしたと思う。だから、ゴールを決めるかどうかだけの問題だ」