ディフェンスの成長を喜ぶキエッリーニ

「インテルの攻撃を制限できた」
ユヴェントスDFジョルジョ・キエッリーニは、3日に行われたインテル戦を0-0のドローで終えた後、勝ち点1に値したと考えている。

キエッリーニはインテルの攻撃を制限するために、ビデオで分析したと語った。

「結果は両チームにとって適切なものだね」とキエッリーニは、イタリア『スカイ』に語った。

「勝利していた可能性も負けていた可能性もあった。でも(サミュエル・)エトーや(ヴェスレイ・)スナイデルのようなチャンピオンを制限できた」

「彼らにスペースを与えなかった。我々には(ファビオ・)クアリアレッラにゴールチャンスがあった」

「今週、懸命に働いたよ。ディフェンスを修正するために多くのビデオを見た。エトーの調子を警戒してた。彼を抑えなければいけなくて、ブレーメン戦で彼が得たようなチャンスを制限しなければいけなかった」