ユーヴェ、1月にベンゼマ獲得へ?

早くも決定力不足を予想
イタリア『Tuttomercatoweb』によると、ユヴェントスは1月の移籍市場でメインターゲットとする選手をすでに定めているようだ。その選手はレアル・マドリーに所属するフランス代表FWカリム・ベンゼマだという。

ユヴェントスは今夏の移籍市場でナポリからFWファビオ・クアリアレッラを獲得したが、マルコ・ボリエッロの獲得に失敗。そのため冬の移籍市場で新たなストライカーを加えることを望んでいる模様だ。

FWダヴィド・トレゼゲ、MFジエゴを放出したことで、ユヴェントスは今シーズン、決定力不足に悩まされるとすでに予想しているそうだ。

なおユヴェントスは、ベンゼマ獲得に失敗した場合、マンチェスター・シティに所属するFWエマニュエル・アデバヨール、ロケ・サンタクルスのどちらかの獲得に向かうという。