ベニテス:「TIMカップへの準備は難しい」

ただし、試合を軽視することはないと強調
インテルは13日、ミラン、ユヴェントスと対戦する毎夏恒例の親善試合TIMカップに臨む。だが、アメリカツアーや国際親善試合を経て、イタリア・スーパーカップやセリエA開幕戦に向けて準備が必要なラファエル・ベニテス監督は、クラブの公式サイト上で、この大会を戦うのが難しいと話している。

「指揮官にとって、こういう類の予定に向けて準備するのは簡単ではない」

「インテルの選手の多くが代表の親善試合から戻って来るのは、夜になってからだ。ほかの選手たちもミラノに残る。我々が進むべき道は、スーパーカップとリーグ戦を戦うチームを準備するというものだからだ」

ただし、ベニテス監督は恒例の親善試合を軽視しているわけではないという。同監督は次のように強調した。

「いずれにしても、サポーターのためにうまくやりたい。バーリまで試合を見に来てくれるファンや、テレビの前で観戦してくれるサポーターのためにね」