バロテッリ代理人:「大きな進展があった」

シティ移籍まであと一歩か
インテルFWマリオ・バロテッリの代理人であるライオラ氏が12日、ミラノでインテルの首脳陣と会談した。テーマはもちろん、バロテッリのマンチェスター・シティ移籍についてだ。ライオラ代理人はイタリア『スカイ』に対し、「大きな進展」があったとし、シティ加入が近づいていることをほのめかしている。

「交渉はまだまとまっていない。だが、大きな進展があった。私は強い自信を抱いている。すぐに決まることを願おうじゃないか。マリオが土曜の試合(プレミアリーグ開幕戦)に出場するか? それはないだろう。明日交渉がまとまったとしても、それは難しいと思う。リヴァプールとの第2節? 私としては、イエスだと思う。だが確約はできない」

「明日(13日)、私はイングランドへ行く。マリオが一緒に来るかどうかは分からない。残っているのは、ボーナスに関することだ。2800万ユーロにボーナスを加えた金額が妥当か? 私はいくらが適切か分かっているが、それは君らが推測することだ。私に言えるのは、我々がシティ移籍を望んでおり、交渉がまとまるのを願っているということだけだよ」