ニュース ライブスコア

ミリート:「昨季との比較はヘビー」

昨季、リーグ戦で22ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)で6ゴール、コッパ・イタリアで2ゴールと得点を量産し、インテルの3冠達成に大きく貢献したFWディエゴ・ミリート。これだけの成績を残した次のシーズンに、プレッシャーがあるのは当然だろう。

ミリートもイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、「昨季との比較は、僕にとってもインテルにとっても、ヘビーなものだよね」と認めている。

インテルはこの夏のイタリア・スーパーカップ、欧州スーパーカップ、そして12月のクラブワールドカップで、バルセロナに続く6冠達成を目指すことになる。ミリートはCL連覇よりも、6冠獲得の方が可能性はあると見ているようだ。

「CLに優勝するには、すべてがパーフェクトにかみ合わなければいけない。一度にいろいろなことが起きなければいけないんだ。イタリア・スーパーカップと欧州スーパーカップ、クラブワールドカップに優勝するには、一発勝負の4試合に勝つ必要がある。そちらの方が簡単だ」

インテルはマンチェスター・シティへの移籍が目前と言われるFWマリオ・バロテッリの代役に、ジェノアFWジュゼッペ・スクッリを獲得するとも報じられている。ミリートはジェノア時代のチームメートについて、次のように語った。

「スクッリはどんなチームにとっても良い選手だ。元チームメートとして、そう言えるよ。彼は決して諦めないし、ハングリーで、最初から最後まで走り続ける。サイドも何度もやっているし、彼のようなタイプはうまくいくはずさ」