インテル、バロテッリの代役はスクッリか

3日にジェノアと会談へ?
FWマリオ・バロテッリのマンチェスター・シティ移籍が目前と言われるインテル。同選手の代役として、ラファエル・ベニテス監督のリヴァプール時代の愛弟子、FWディルク・カイトを獲得する可能性が伝えられていたインテルだが、ここへきてジェノアFWジュゼッペ・スクッリが候補に浮上したようだ。

イタリア『スカイ』は2日、インテルがカイトを獲得することはなく、3日にジェノアと会談する予定だと報じた。ジェノアは29歳のスクッリに500万ユーロという評価額をつけていると見られ、手頃な価格であることから、インテルがスクッリ獲得へ向かうのではないかという。

一方で、パスクアリン代理人はイタリア『ラジオ・トスカーナ』のインタビューで、フィオレンティーナMFマヌエル・バルガスのインテル移籍について、次のようにコメントしている。

「インテルがバルガスを獲得するのは、理にかなったアイディアだ。レアル・マドリーへ移籍するよりもあり得ることだろう。インテルが選手売却で得る資金をどう使うかによるね。カイトを獲得しない場合、バルガスはその代役となり得るだろう」