パルマ、ジョヴィンコがダメならベン・アルファ

レオナルディSD:「できるだけ長くいられる選手を」
パルマのレオナルディSD(スポーツディレクター)がイタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、MFセバスティアン・ジョヴィンコに関するユヴェントスとの交渉について言及した。同選手は今夏の移籍が濃厚と言われるが、バーリも獲得を熱望している。

レオナルディSDは「選手とは問題ないよ。あとはユヴェントスと会わなければいけない」とコメント。近いうちに再びユヴェントスと交渉することを明らかにした。一方で、代役としてウェスト・ハムMFアレッサンドロ・ディアマンティやマルセイユMFハテム・ベン・アルファを狙っているようだ。

「別の案となるのが、ディアマンティとベン・アルファだ。ベン・アルファは一線級の選手として考えられていたし、マルセイユは彼に大きな投資をした。我々はできるだけ長く選手を保有できるような補強をしなければいけない。時間とともに、ベストの補強をするだろう」