インテル、再びレデスマに関心?

マイコン代役にはブラジル人DF2人が浮上
FWマリオ・バロテッリとDFマイコンの移籍が注目されるインテル。一方で補強に関しては、リヴァプールのFWディルク・カイトやMFハビエル・マスチェラーノへの関心が報じられているが、インテルのブランカTD(テクニカルディレクター)はほかにも目を向けているようだ。

イタリア『ガエッタ・デッロ・スポルト』が報じたところによると、インテルは再びラツィオMFクリスティアン・レデスマに注目しているという。インテルは1月にもレデスマ獲得を目指しており、850万ユーロで獲得できるとも言われている。レデスマについては前日、ラツィオのエディ・レヤ監督が「契約を延長しないならとどめる必要はない」と、移籍を容認する姿勢を見せている。

また、『ガゼッタ』によれば、マイコンの代役として、インテルはシャフタール・ドネツクDFイウシーニョや、ローマDFシシーニョにも注意を払っているという。シシーニョに関しては、インテルが獲得に動くとなれば、ローマと合意できていないDFニコラス・ブルディッソの移籍へも影響を及ぼすかもしれない。