ユーヴェがブルディッソ獲得に参戦か

ローマがインテルとの交渉に苦しむ中で…
昨シーズン、インテルからローマへレンタル移籍していたDFニコラス・ブルディッソは、以前からローマへの完全移籍を望んでいることを明らかにしている。ローマも同選手を高く評価し、獲得を望んでいるが、インテルが求める移籍金が高すぎるとして、交渉はまとまっていない。

評価額の設定をめぐってインテルとローマの見解が食い違い、移籍実現に向けてなかなか話が進展しない中で、ユヴェントスが同選手の獲得に名乗りをあげたようだ。ブルディッソの代理人を務めるイダルゴ氏が、イタリア『トゥットスポルト』の中で次に用に話している。

「ニコラスの希望はローマに戻り、(クラウディオ・)ラニエリ監督の下で戦うことだ。だが、交渉がうまくいくかどうかは、我々だけで決められることじゃない。我々はユヴェントスからの関心も誇りに思っているよ。最終的にトリノへ行くことになったとしても、問題はないだろう」