ベニテス:「長くインテルにいたい」

新星コウチーニョを高く評価
プレシーズンのアメリカツアーへ向かうインテルのラファエル・ベニテス監督は、新シーズンでジョゼ・モウリーニョ前監督の“重圧”と戦うこととなる。だが、同監督は難しい任務だと理解しながらも、インテルに長くとどまりたいと考えているようだ。『インテル・チャンネル』に対し、同監督は次のように話している。

「私はここに何年もいたいと思っている。それは、我々が勝利を手にしたということを意味するからだ。プレーするよりも難しいことだけどね。サッカーで素晴らしいのは、まず選手をやること、それからジャーナリストをやること。監督はそれからさ」

「勝つためには、選手たちにとって、話をすることが重要だと思っている。笑顔で話すことができれば、なおさら良いことだ」

また、ベニテス監督は今夏から加わった新星コウチーニョについて、次のように賛辞を送っている。

「彼はとてもうまくやってきた。若いし、我々と一緒に重要な存在となれるかもしれない。ここまで、私が最も感銘を受けたのは彼だったよ」