ニュース ライブスコア

ヴィオラ、ダゴスティーノ&コルドバに関心?

チェーザレ・プランデッリ監督のイタリア代表指揮官就任が決まり、4日にもシニシャ・ミハイロビッチ監督の就任を発表すると見られているフィオレンティーナ。その新体制に向けてクラブが最初に獲得するのは、ウディネーゼMFガエターノ・ダゴスティーノかもしれない。

イタリア『ラジオブルー』が報じたところによると、すでにヴィオラは900万ユーロでのダゴスティーノ獲得交渉を進めているようだ。昨夏、ユヴェントスやレアル・マドリーへの移籍が騒がれながら、最終的にウディネーゼに残留し、今季は不本意なシーズンに終わったダゴスティーノにとっても、ヴィオラ移籍は雪辱を期すための良い機会となるだろう。

一方、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、フィオレンティーナがインテルDFイバン・コルドバにも関心を示していると伝えている。ミハイロビッチ監督は選手として、また助監督として、インテルでコルドバと仕事をした経験を持つ。インテルでコルドバの出場機会が減りつつあることも、移籍を後押しすることになるかもしれない。

だが、ネックとなっているのは年俸のようだ。コルドバは年俸350万ユーロでインテルとまだ2年間の契約を残している。フィオレンティーナがコルドバを獲得するには、インテルとコルドバ自身の"助け“が必要だろう。