マルキージオ:「カルチョーポリに感謝」

スキャンダル発覚が頭角を現すきっかけに
ユヴェントスに所属するイタリア代表MFクラウディオ・マルキージオは4年前、下部組織でプレーする選手に過ぎなかった。だが、今ではイタリア代表として南アフリカ・ワールドカップでの活躍が期待されるまでに成長している。マルキージオが頭角を現すきっかけとなったのは、カルチョーポリ(カルチョ・スキャンダル)の発覚でユーヴェがセリエBに降格したことだ。

マルキージオ自身も次のように述べ、スキャンダルによって若手選手たちがチャンスをつかんだと話している。

「カルチョーポリに感謝しているよ。あれがなかったら、僕が出てくるのはもっと後になってからだっただろうからね。(ディディエ・)デシャン監督の下で、僕はトップチームにポストを見つけることができた。やって来た電車を生かしたんだ」

「いずれにしても、カルチョーポリはすべての若手にとってのチャンスだった。ユヴェントスだけじゃなく、ローマやミランでもね。各クラブが若手を重視するようになったんだ」

イタリア代表のマルチェッロ・リッピ監督は、マルキージオを4-2-3-1のトップ下で試している。同選手は新たなポジションについて、次のように意気込みを示した。

「まずは信頼してくれたリッピ監督に感謝したい。自分がストライカーだとは感じていないし、僕はスペースに飛び込むMFだと思っている。フランチェスコ・トッティやアレッサンドロ・デル・ピエーロとは違うんだ。かつてシモーネ・ペロッタがやったように適応したいと思っている」