ラツィオ会長、マドリーからのオファーを否定

「いかなるオファーも受け取っていない」
ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が、DFアレクサンダー・コラロフの将来に関する自身の見解を述べている。スペインメディアはレアル・マドリーへの移籍を伝えているが、同会長はそれを否定している。

「これに関しては何も知らない」と彼は、イタリア『lalaziosiamonoi.it』で語った。

「現在、我々は選手に対するいかなる公式オファーも受け取っていない。そして我々は、彼を売りに出していない」

「オファーが届けば、我々はそれを評価する。彼がマーケットに出るまで、我々が値段を付けることはない。彼が放出候補になったときだけ、我々は可能性を見ることができる」