モウリーニョ:「勝利こそがスペクタクル」

ミランの方が良いプレーだとの指摘に反論
インテルは24日、セリエA第21節で2位ミランとのダービーマッチを迎える。インテルが4-0で圧勝した前回の対戦から5カ月。“復活”したミランは、インテルよりも良いサッカーをしているとされるが、ジョゼ・モウリーニョ監督は勝利こそが重要だと強調している。23日の記者会見で、同監督は次のように語った。

「前回の対戦はまだ第2節のことだった。彼らのプレー哲学は今のそれと違っていたね。一方、我々の哲学は同じままだ。パトとザンブロッタ以外、ミランは全員が起用できるだろう。我々はケガ人や離脱者(エトー)のために、まったく違うチームとなるはずだ。ただ、これはダービーだからね。順位は関係ない。たとえ20ポイント差があったとしても、ダービーはダービーなんだ。私にとっては同じ試合だよ。より優れたチームとは、シーズンが終わったときに前にいるチームのことだ」

「メンバーについては明かさない。うそは言わないよ。好きじゃないんだ。我々の一週間は普通のものだった。常に20人の選手で練習したが、下部組織の選手も5人いる状態だったよ。でも、落ち着いてトレーニングした。大きな問題もなくね。この一週間のことは気に入っている」

「レオナルドのことはうれしく思っているよ。彼もクラブも成熟したことを示した。最初にもろさが出ただけで変えてしまうクラブが多いが、ミランはレオナルドを守ったんだ」

「私は誰も恐れないし、心配もしてない。ミランのことは研究したよ。彼らの選手の特徴に適したプレーをしている。ミランの方が良いプレーをしていると言われても、私は怒ったりしない。ただ、そうであるなら、彼らはよりゴールを決め、より多くの勝利を手にし、より勝ち点を積み重ねなければならないだろう。それがスペクタクルだからだ。我々にとってベストの結果は勝利。ドローでは不十分だ」