レオナルド:「常に勝つためにピッチへ」

インテルとのダービーを前に意気込み
ミランは24日、セリエA第21節で首位インテルとのダービーマッチを迎える。DFアレッサンドロ・ネスタのコンディションが心配されるミランだが、レオナルド監督は同選手が欠場する可能性にも恐れは抱いていないとし、勝利を目指すと意気込んだ。

「ネスタの状況は継続して進展している。落ち着いて決めることにするよ。我々には多くの代役がいるしね」

「この試合は特別なゲームだ。私は選手としても指揮官としても経験してきた。今後、ポジティブな結果にもネガティブな結果にもつながり得る試合だよ。前回のダービー? たぶん、あれだけ複雑な出だしになっていなければ、今の我々はこうなっていなかったんじゃないかな。ガットゥーゾはドローで良いと言った? 私は勝利を考えずにピッチへ向かったことはないよ」

「モウリーニョとの対決? それもサッカーの一部だけど、すべてがとても大げさになっている。それぞれに自分のやり方があるんだ。彼には彼のやり方がね。私は彼のことを面白く、そして知的な人だ見ている。称賛しているよ」

ミラン好調の大きな要因の一つが、FWロナウジーニョの調子にある。レオナルド監督は同選手について、「今の彼は本当に良いプレーをしている。みんなに夢を見させることができる選手だ」と大きな賛辞を送った。