ニュース ライブスコア

インテル、ジェナスに再関心

インテルのジョゼ・モウリーニョ監督が、トッテナムMFジャーメイン・ジェナスに対する関心を再燃させているようだ。インテルはジェナス獲得に1150万ユーロを準備しているという。

イギリス『デイリー・エクスプレス』によると、“スペシャル・ワン”はMFの獲得を望んでいる。そして昨年夏に獲得を失敗していたジェナスにプライオリティーを置いているようだ。

報道では、インテルが1150万ユーロのオファーで勝負に出ると伝えられている。もしくはガーナ代表MFムンタリを提示しハリー・レドナップ監督を説得しようとしている。レドナップ監督はポーツマス時代にムンタリを指導していた。

ウェスト・ハムも関心を抱くレアル・マドリーFWルート・ファン・ニステルローイを獲得するために、資金を必要としているトッテナムにとってインテルからの移籍金は魅力的と言えるだろう。

イングランドではこのように報じられているが、モラッティ会長は冬の選手獲得に否定的なコメントを発している。なおイタリアでは、インテルは中盤を強化するためにラツィオMFクリスチャン・レデスマをターゲットにしていると報じられている。