モウリーニョ、メディアに最後通告

「去就を話すのはこれが最後だ」

インテルのジョゼ・モウリーニョ監督が、前日に行われた記者会見で再び自身の去就に関するコメントを発した。モウリーニョ監督はその場で、イタリアでの仕事に集中していると強調した。

モウリーニョ監督はイギリス『サン』で、自身の願いがプレミアリーグに復帰することだと認めた後、自身の発言がわい曲されているとしていた。

イタリアのメディアは、モウリーニョ監督が今シーズン終了後にインテルを離れるつもりだと報じていたが、同監督は次のようにコメントしている。

「これを話すのは最後だ」

「私はイングランドのフットボールやライフスタイルを愛している。私がいつか戻りたいと思っていることは真実だ」

「しかしそれがいつになるかは私にも分からない。だが仕事を途中で投げ出すようなことはしない。そうすることは簡単なことだ。契約は2012年まであるし、ここにいられることを喜んでいるんだ」

「ただここにいる可能性もあるが、その反面、日本かリヤド(サウジアラビア)に行く可能性もある」