ヴィオラ、ボカDF獲得か

1000万ユーロで合意?
フィオレンティーナが、昨夏にも関心を示していたボカ・ジュニオルスDFエゼキエル・ムニョスの獲得話をまとめたようだ。現地の報道によると、1000万ユーロでボカと合意に至ったという。

19歳のムニョスはひざの負傷により、何カ月も戦列を離れている。しかし、アルゼンチンでは最も才能のある選手の一人と見られており、フィオレンティーナのコルヴィーノSD(スポーツ・ディレクター)も高く評価しているようだ。

そのため、フィオレンティーナは若手選手に対してはかなりの高額となる移籍金を支払ってでも、「ワルテル・サムエル2世」とも呼ばれるムニョスの獲得を決めたと見られている。