初のキャプテンマークの感動を語るディ・ナターレ

「忘れられない夜になった」

ウディネーゼに所属するイタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレは、18日に行われたスウェーデン戦で、イタリア代表として初めてキャプテンマークを付けてプレーした。ディ・ナターレはキャプテンに選ばれたことはとにかく光栄であると話している。

DFキエッリーニのゴールでスウェーデンを1-0で下した後、ディ・ナターレはチームメートを称賛している。

「監督がキャプテンマークを渡してくれたときは、とにかく誇りに感じた」と、ディ・ナターレはイタリア『RAI』で語った。

「忘れられない夜になった。チームは良いプレーをしたよ」

ディ・ナターレはまた、現在のイタリア代表の攻撃陣のポジション争いは、健全であると感じている。そして南アフリカへ行くために、戦い続けると誓った。

「リッピは常にプレーするチャンスを与えてくれている。ハードワークを続けなければいけないし、ベストを尽くさなければいけない。これまでしてきたようにね」

「今の状態を続けたいと思っている。最終メンバー23名の中に入りたい」