初キャップを喜ぶビオンディーニ

「監督とチームのおかげだ。感動した」
14日に行われたオランダとの国際親善試合で、イタリア代表として初キャップを記録したカリアリMFダヴィデ・ビオンディーニ。試合後、同選手は『RAIスポーツ』に対し、次のように喜びをあらわにしている。

「今夜の試合に出られることを願っていた。夢が叶ったよ。もちろん、とても感動してピッチへと向かった。どうやって動くべきかを教えてくれた(リッピ)監督の励ましと、すぐに居心地良く感じさせてくれたグループのおかげだよ」

「僕らはポジティブなところを見せることができた。今は水曜の試合(スウェーデンとの親善試合)について考えている。僕らにとっては、もう一つの良い機会になるね」