オニェウ、全治6カ月と判明

手術終了をミランが発表
ミランは21日、アメリカ代表の試合で負傷したDFオグチ・オニェウが同日に手術を受けたことを発表した。また、復帰には最低6カ月を要することも明らかにしている。

今季からミランでプレーするオニェウは、ワールドカップ予選のコスタリカ戦で負傷。ひざの膝蓋腱の断裂という重傷で、復帰は来年2月以降となる。