スタンコビッチ:「CLでも勝利を」

インテル独走は「早すぎる」
17日のジェノア戦で5-0と圧勝し、セリエA単独首位に立つインテル。ジェノア戦でスーパーゴールを決めたMFスタンコビッチは、18日のイタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで、ジェノア戦を次のように振り返った。同選手は、続くミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)でも勝利を収めなければいけないと語っている。

-インテル独走と言えるでしょうか?
「まだ早すぎるよ。本当のリーグ戦はまだ始まっていない。週に2試合になると、疲れが出てくる。2月に勝ち点差がどうなっているかを見てみよう」

-次はCLの大事な試合です。
「素晴らしかったジェノア戦を受け、次はCLでも勝利を取り戻さなければいけない。適切なタイミングだよ。ジェノア戦でのパフォーマンスに続き、勝ち点3を手にすることが重要だ」

-あの素晴らしいゴールについて、もう一度聞かせていただけますか?
「一瞬、右側へ動いたんだ。(ジェノアGK)アメーリがミスキックするのを期待して、ポジションを取った。彼はそんなにミスをしたわけじゃなく、僕の方へ蹴ってしまったというだけなんだ。迷わなかったよ。ひどいシュートになっていたかもしれないけど、すべてうまくいった。スペクタクルだったね。10~15年後になっても、子供たちに聞かせられるゴールだ。昨日の僕はほとんどFWとしてプレーしていた。すべてのポジションをこなせるというのが、僕にとってはラッキーだったね」

-インテルはエトーとミリートがいなくてもやれると?
「欠場者がいるのは非常に痛いけど、大事なのは彼らがいなくても勝つことなんだ。彼らは落ち着いて回復し、以前より強くなって戻ってくる。僕らは待っているよ」