ブルディッソ、ローマ移籍を了承か

GKはロボントに関心?
イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じたところによると、ローマからの関心が報じられていたインテルDFニコラス・ブルディッソが、レンタル移籍をすることで納得したという。ブルディッソの代理人イダルゴ氏が明かしたとのことだ。

経営難に苦しむローマは、無償レンタルでしか補強できない状態にある。今回、インテルのモラッティ会長はこの形で移籍を了承したようだ。あとはブルディッソの年俸面で折り合いがつけば、すぐにでも移籍が決定するはずだという。

一方、ルーマニアではステアウア・ブカレストGKボグダン・ロボントのローマ移籍が報じられている。31歳の同選手は現在、ローマの練習場トリゴリアで、ヒザの十字じん帯の手術後のリハビリをしているところだ。

ただし、ローマは正GKドニも負傷で序盤戦を欠場することになっており、ロボントのコンディション状態が移籍実現に向けてのポイントだという。