ゼニト、再びパンデフ獲得へ?

ロティート会長の満足する提示額を出せるか
ロシア『'Sovietskij Sport』が報じたところによると、ゼニト・サンクトペテルブルクが再びラツィオFWゴラン・パンデフの獲得に動いているようだ。近いうちに1000万ユーロのオファーが提示されるのではないかと見られている。

ラツィオのロティート会長はパンデフに1800万ユーロの値段をつけており、移籍を希望している同選手の新天地はまだ見つかっていない。一方で、ロティート会長は強硬姿勢を崩しておらず、満足のいくオファーがなければ残留させるとの方針を貫き、“不満分子”となっているパンデフをメンバーから外している状態だ。

ゼニトが提示額を上げない限り、ロティート会長がオファーを受け入れることはないだろう。しかし、来シーズン末で契約満了となるパンデフだけに、多くを望めないのも事実。そのため、1800万ユーロを下回る額で納得する可能性もある。だがいずれにしても、1000万ユーロで受け入れることはないはずだ。今後、ゼニトが提示額を変えれば…?