エトー:「インテルに満足」

早くもインテルに順応

今夏の移籍市場でバルセロナからインテルに加入したFWサミュエル・エトー。スーパーカップのラツィオ戦(1-2)で初ゴールを決めたインテルの新エースと目される男は、ミラノの環境にすでになじんでいるようだ。

「まだ100%ではないかもしれないが、インテルの方針に満足しているよ」

「初出場となったスーパーカップでは、良い感触をつかむことができた。インテルが試合を支配していたし、決定機を何度もつくったからね」

エトーはジョゼ・モウリーニョ監督とも、しっかりとコミュニケーションを取っている。

「監督の要求することに応え、私のすべてを捧げるつもりだ。我々はすでに理解し合っているし、これからさらに良くなっていくだろう」

エトーはFWズラタン・イブラヒモビッチとのトレードでインテルに加入した。そして将来、バルセロナに復帰することも考えているようだ。

「バルセロナには長く在籍していた。あのクラブに帰る可能性もあるだろう。だけど、現在はインテルのプレーヤーなんだ。まだ加入して間もないけど、とても居心地はいいよ」