サンプ会長:「カッサーノは残留する」

インテル移籍を否定

サンプドリアのリッカルド・ガッローネ会長が、FWアントニオ・カッサーノの残留を宣言した。カッサーノについては移籍の噂が絶えず伝えられているが、同会長はカッサーノの移籍を否定している。

ガッローネ会長は、イタリア『グエリン・スポルティーヴォ』で、次のように語っている。

「インテルがカッサーノを獲得する可能性はまだあるのかって? 答えはノーだ」

「アントニオは100パーセント我々のチームに残る。彼は2シーズン我々とともに過ごし、常に最高の振る舞いをみせてくれた。我々は彼の放出を望んでいない」