移籍市場でもローマ・ダービー?

フリオ・クルス獲得をめぐって勝負か

移籍市場でも、ローマ・ダービーが起こるかもしれない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じたところによると、フリーエージェントとなった前インテルFWフリオ・クルスの獲得をめぐり、両者が火花を散らすかもしれないという。

クルスはさまざまなクラブからの関心が伝えられたが、ラツィオが一番の候補であると報じられている。だが、ここにローマが割り込んでくるかもしれないという。報道によると、クルスは契約を締結する前に、よりよいオファーが来るかもしれないと考えているという。そのオファーが、ストライカーを求めるローマから届くかもしれないというのだ。

これまで、ローマがFWミルコ・ヴチニッチをチェルシーに2300万ユーロで売ると報じられた。フリーエージェントのクルスをその代わりに据えるのでは、とみられている。ヴチニッチは残留を望んでいるが、果たして…。