独占:マックスウェルの移籍金は安すぎる?

グリマルディ代理人:「適切な価格だ」
インテルからバルセロナへの移籍が決まったDFマックスウェル。その移籍金は450万ユーロとなっているが、この金額は適正価格と言えるのだろうか?インテルがマックスウェルの代役として関心を抱いていると言われるコリンチャンスDFアンドレ・サントスの代理人グリマルディ氏が、Goal.comの独占インタビューに対して次のように語ってくれた。

「マックスウェルに対する移籍金は正しいものだったと思う。ハイレベルな選手であることは事実だが、彼のサラリーが決して少なくないことも忘れてはいけない。バルセロナとしては、実質的に800万ユーロ払ったようなものだ」

またグリマルディ代理人は、セビージャFWルイス・ファビアーノの獲得を目指しているミランのオファーについても話してくれている。

「ミランは緊縮路線をとったんだ。だからこそ、彼らがL・ファビアーノに1800万ユーロも投じることはないと確信している。それに、ミランにはすでにマルコ・ボリエッロがおり、彼のサラリーだって安くないからね。さらに、近いうちにピルロを売る可能性だってあることを忘れちゃいけない。つまり、ミランは買うよりも売ることを考えているんだ」